ベンカタマキ(英語表記)Veṅkaṭamakhi(n)

世界大百科事典 第2版の解説

ベンカタマキ【Veṅkaṭamakhi(n)】

17世紀初期の南インドの音楽理論家。生没年不詳。1620年に《チャトゥルダンディー・プラカーシカーChaturdaṇḍī Prakāśikā》を著し,ラーガ(音列)の分類を試みた。1オクターブを22のシュルティśruti(微分音)に分ける従来の考え方から脱して,1オクターブを12音に分け,その7音の組合せによって72種類の基本ラーガ,すなわちメーラカルタmeḷakartaを設定し,基本ラーガ以外の数多くのラーガを派生ラーガとして各メーラカルタに帰属させた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android