微分音(読み)びぶんおん(英語表記)microtone

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

微分音
びぶんおん
microtone

半音より狭い音のこと。理論的には無限に存在するが,全音を分割する度合いによって,3分音,4分音,6分音,8分音,16分音などと呼ばれ,アジアの音楽や,東洋の影響のより強いヨーロッパの民俗音楽 (ジプシー音楽や東ヨーロッパの民俗音楽) にしばしばみられる。ヨーロッパの芸術音楽においては,古代ギリシアのエンハーモニック・テトラコード以来微分音は長く登場しなかったが,20世紀初頭,F.ブゾーニA.ハーバらによって意識的に用いられだした。その後シンセサイザーなど電子楽器の発明,開発によりさまざまな作品が生れるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

びぶんおん【微分音 microtone】

半音より狭い音程総称半音は全音の1/2の音程であり,したがって微分音はそれより狭い4分音(全音の1/4),6分音(全音の1/6)などをいう。理論的にはさらに細分割が可能であるが,聴覚的識別は困難となる。微分音の最も代表的なものは4分音で,西アジアでは古来4分音的な音程が重視されていた。古代ギリシア音階においても,アリストクセノスはエンハルモニコスenharmonikos(エンハーモニック),クロマティコスchrōmatikos,ディアトニコスdiatonikosという主要な三つのテトラコルドによって,旋律体系づけているが,このうちエンハルモニコス型のテトラコルドは中に4分音を含んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

微分音
びぶんおん
microtone

半音よりも狭い微小音程。広義には、半音より広い音程をもつ拡大音程のことも含む。全音を何分割するかによって3分音、4分音などといわれる。西洋における音律論上の微分音の歴史は古く、古代ギリシアのディエシスとよばれる4分音的音程に始まり、後期ルネサンス以降のオクターブを等分しようとする試みが、19、31、53平均律などを生み出した。19世紀末以降は、音素材の拡張手段として4分音、3分音、8分音などが多くの作曲家や楽器製作者によって用いられている。もともと諸民族の音階構成音の多くは、厳密には西洋の十二平均律の全音や半音では律しきれない微妙な差異を示しており、なかには西アジアやインドのように厳密な理論に裏づけられた微分音を発達させた民族もある。西アジアの微分音は西洋の観点により中立音程とよばれ、独自の不思議な魅力を音楽に与えている。インド音楽では、一オクターブを22に分けるシュルティという微分音の概念が古くからあり、それを背景に微分音程を含む音階が形づくられている。

[南谷美保]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例