ベンツピルス城(読み)ベンツピルスジョウ

デジタル大辞泉の解説

ベンツピルス‐じょう〔‐ジヤウ〕【ベンツピルス城】

Ventspils pils》ラトビア北西部、クルゼメ地方の都市ベンツピルスにある城。13世紀に建造。リボニア帯剣騎士団の城の中で最も保存状態が良いものの一つとして知られる。建造後は、要塞・宮殿・学校・監獄・兵舎などさまざまな用途で使われた。現在は19世紀当時の状態に復元され、ベンツピルスとクールラント公国の歴史に関する博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android