コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンツピルス城 ベンツピルスジョウ

デジタル大辞泉の解説

ベンツピルス‐じょう〔‐ジヤウ〕【ベンツピルス城】

Ventspils pils》ラトビア北西部、クルゼメ地方の都市ベンツピルスにある城。13世紀に建造。リボニア帯剣騎士団の城の中で最も保存状態が良いものの一つとして知られる。建造後は、要塞・宮殿・学校・監獄・兵舎などさまざまな用途で使われた。現在は19世紀当時の状態に復元され、ベンツピルスとクールラント公国の歴史に関する博物館になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ベンツピルス城の関連キーワードツェーシス城トゥライダ城バウスカ城リガ城ルンダーレ宮殿

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android