リガ城(読み)リガジョウ

デジタル大辞泉「リガ城」の解説

リガ‐じょう〔‐ジヤウ〕【リガ城】

Rīgas Pilsラトビアの首都リガの旧市街にある。13世紀末より、リボニア騎士団とリガ市民の間で抗争が続けられる中で何度も破壊と建設が繰り返された。以降、ポーランドスウェーデン帝政ロシア支配を経て、第一次大戦後のラトビア独立に際して大統領官邸になった。現在は官邸を除いた一部がラトビア歴史博物館、海外美術館として使われている。リーガ城。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android