コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベンヤミン ベンエリエゼル Benjamin Ben-Eliezer

現代外国人名録2012の解説

ベンヤミン ベンエリエゼル
Benjamin Ben-Eliezer


国籍
イスラエル

専門
政治家;元・軍人

肩書
イスラエル副首相;イスラエル国防相;イスラエル労働党党首

本名
Benjamin Fuad〉 ベンヤミン・フアード〈Ben-Eliezer ベンエリエゼル

生年月日
1936/2/12

出生地
イラク バスラ

学歴
イスラエル国立防衛大学卒

経歴
イラク南部のバスラで生まれ、1949年13歳の時単身イラン経由で独立直後のイスラエルに入る。18歳でイスラエル軍に入り、レバノン南部司令官、ヨルダン川西海岸地区司令官、軍政調整官など歴任。28年間の軍生活を経て、政界に入り、’84年国会議員に初当選。’92年イツハク・ラビン首相(当時)の下で選挙参謀を務め、労働党の政権奪回に貢献、住宅相に就任。’93年のパレスチナ解放戦線とのオスロ合意調印直前、イスラエル閣僚としては初めてチュニスを訪問。2001年2月までバラク政権下で副首相を務め、首相の右腕として活躍。同年3月右派主体のシャロン政権で国防相に就任。同年12月労働党の党首選で和平派を破り、中東系ユダヤ人として初の党首に選出。2002年11月国防相を退任。同月党首選ではアムラム・ミツナに敗北。政治的立場は治安を優先するシャロンに近く、パレスチナに対する様々な軍事強硬策を実践してきたタカ派。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android