コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベン・バルカ Ben Barka

世界大百科事典 第2版の解説

ベン・バルカ【Ben Barka】

1920‐65
モロッコの政治家。ラバトに生まれ,数学と物理の教師になったが,学生時代から政治活動に挺身し,1944年のイスティクラール党結成に参加した。党内左派(労働組合系)の代表として独立後は諮問議会議長,党書記長の要職に就いたが,59年に党内右派(地主・商人系)と対立して離党し,〈人民勢力全国同盟(UNFP)〉を組織した。ハサン国王と対立して国外に逃れたが,65年10月亡命先のパリでモロッコの官憲により誘拐され,暗殺された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ベン・バルカの関連キーワードM. ベン・バルカダニエル ゲランベン・バルカ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android