コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベーネル[湖] ベーネル

百科事典マイペディアの解説

ベーネル[湖]【ベーネル】

スウェーデン南部にある同国最大の湖。面積5648km2。水深は最大106m。東西の湖盆に分けられ,西方はダルボ湖と呼ばれる。イェータ運河の一部をなす。
→関連項目スウェーデン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ベーネル[湖]【Vänern】

スウェーデンおよびスカンジナビア半島最大の湖。面積5568km2,最深98m,湖面標高44m。約1万年前の氷床前縁にできた湖で,当時はこの湖を経てバルト海北海が通じていた。今はこのルートにイェーテ運河がつくられている。ノルウェー領からいくつかの川が流入し,南西のイェータ川から流出して,イェーテボリで北海へ注ぐ。周辺はモレーン(氷堆石)地形で農地と森林が混じり,古くから工業が盛んで,付近にウラン,鉛,亜鉛の鉱山がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android