ベールオブホワイトホース(英語表記)Vale of White Horse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベールオブホワイトホース
Vale of White Horse

イギリスイングランド中南部,オックスフォードシャー県中南部の地区。旧バークシャー県北部を含む地域で,白亜丘陵のバークシャーダウンズ(→ダウンズ)北部のホワイトホース谷を占める。谷はシュリベンハムからアビンドンまでテムズ川の支流オック川沿いに約 27km延び,ホワイトホース丘陵の斜面にはアルフレッド大王の生地とされるウォンティジがある。オック川がテムズ川に流入する地点アビンドンはこの地区の行政中心地であり,最大の町でもある。地区内には原子力エネルギー研究所,農業研究所があり,自動車,医療機器などの工業がある。面積 581km2。人口 11万5632(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android