コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベールオブホワイトホース Vale of White Horse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベールオブホワイトホース
Vale of White Horse

イギリスイングランド中南部,オックスフォードシャー県中南部の地区。旧バークシャー県北部を含む地域で,白亜丘陵のバークシャーダウンズ(→ダウンズ)北部のホワイトホース谷を占める。谷はシュリベンハムからアビンドンまでテムズ川の支流オック川沿いに約 27km延び,ホワイトホース丘陵の斜面にはアルフレッド大王の生地とされるウォンティジがある。オック川がテムズ川に流入する地点アビンドンはこの地区の行政中心地であり,最大の町でもある。地区内には原子力エネルギー研究所,農業研究所があり,自動車,医療機器などの工業がある。面積 581km2。人口 11万5632(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android