コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビンドン アビンドンAbingdon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アビンドン
Abingdon

イギリスイングランド中南部,オックスフォードシャー県中南部,ベールオブホワイトホース地区の都市。県都オックスフォードの南約 10km,テムズ川に臨み,ホワイトホース谷を流れてくるオック川の流入点に位置する。アングロ・サクソン時代にさかのぼる町で,ベネディクト会修道院(676)を中心に発展,中世にはその勢力下に繁栄した。ヘンリー8世によって修道院が解散されたのち,1556年メアリー1世により自治都市として勅許された。イングランドで最も古いパブリック・スクールの一つアビンドン・スクール,1847年創立のラドレー・カレッジがある。テムズ河畔の保養地であるとともに,工業都市でもあり,各種軽工業が盛ん。人口 3万6010(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アビンドンの関連キーワードアングロ・サクソン年代記フレデリック マルテルメースフィールドケイティ ホフリチャードソンピンタ島ヘンリーペイカ

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アビンドンの関連情報