コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペイハイ(北海)特別市 ペイハイBeihai

1件 の用語解説(ペイハイ(北海)特別市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペイハイ(北海)〔特別市〕
ペイハイ
Beihai

中国華南地方,コワンシー (広西) チワン (壮) 族自治区南部の市。市区とホープー (合浦) 県から成る。ペイプー (北部) 湾 (バクボ湾) にのぞむ港湾都市。 1964年まではコワントン (広東) 省に属していた。その後コワンシーチワン族自治区のチンチョウ (欽州) 地区に組込まれたが,人口急増とともに省轄市として独立。港は 1876年のチーフー (芝罘) 条約によって開港された。貿易港であるとともに自治区最大の漁港で,水産加工も盛んである。造船,ロープなど海運・漁業関連の工場も多い。人口 124万 6531 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone