コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペオン制 ペオンせいpeonage

翻訳|peonage

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペオン制
ペオンせい
peonage

ラテンアメリカにおける債務奴隷制。植民地時代初期のラテンアメリカでは先住民 (インディオ) に対する賦役労働 (→レパルティミエント ) が公認されていた。ペオンは労働者と同義語で,インディオ労働者にはなにがしかの現金が支払われてきた。しかしスペイン人がインディオの土地支配を強めるにつれ,借金の肩代りにインディオ労働者を土地に縛りつけ,必要な労働力を確保するようになった。これをペオン制という。名目的には自由であるが事実上の経済外強制であるペオン制は 20世紀初頭まで続いた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android