経済外強制(読み)けいざいがいきょうせい(英語表記)ausserökonomischer Zwang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済外強制
けいざいがいきょうせい
ausserökonomischer Zwang

封建的領主層が農民剰余労働封建地代として搾取する場合に必要な,領主の直接的農民支配のメカニズム。すなわち人格的隷属関係のための領主権力の行使をいう。封建社会においては,農民は基本的生産手段である土地を分与地として占有し自己経営としている。そのため,経営上では相対的に自立しているが,所有権は領主にあり,この所有権は占有者と人格的隷属関係を結んでいることから,直接耕作農民 (占有者) は自己の経営の合理性を追求できない。したがって農民の経済的な性格に対して土地所有関係という経済外の強制的権力が行使されているということができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経済外強制の関連情報