コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペオン peón[スペイン]

世界大百科事典 第2版の解説

ペオン【peón[スペイン]】

一般的にはラテン・アメリカにおける農業労働者を指すが,狭義ではアシエンダに対して債務を負う債務ペオンpeón endeudadoを意味する。アシエンダは労働者に前貸しおよび直営売店の掛売りを行い,その債務累積によって労働力を確保した。とくにメキシコではペオンは独立以降,メキシコ革命前夜までのアシエンダにおける労働力のほとんどすべてであった。メキシコ革命のとき彼らが主力部隊となった。ペオンはアシエンダ内に小片の土地を貸与される定住ペオンと臨時雇いペオンに大別される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペオンの言及

【アシエンダ】より

… アシエンダの経営は小作地と地主直営地に大別される。前者はさらに地代形態により雇役小作(小作農の名称――コロノ,インキリノ,ワシプンゲーロ),分益小作(ヤナコナ,アパルセロ,メディエロ),賃小作(アレンダタリオ)に区別され,直営地においては農業労働者(ガニャン,ペオン,アフエリノ,ボルンタリオ)が低賃金労働を行う。アシエンダの構成員は,19世紀中葉のメキシコの例でみると,地主の代理である支配人,司祭,管理人,正書記,経理士などのエリート層,人夫頭,書記,教師,番人などの中間職,ペオン,下働き人夫などの農場労働者である。…

【ラテン・アメリカ】より

…アシエンダは17世紀末には自給自足しうる大規模な経済・社会単位となり,しばしば近隣のインディオの村をも包みこんだ。こうしてかつてはその土地の所有者であったインディオが,実質的には農奴のような存在(ペオン)となってアシエンダで暮らすようになった。植民地社会の封建的側面を最も顕著に示したアシエンダは現在も暗い影を落としている。…

※「ペオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペオンの関連キーワードハビエル ソブリノマリエットメキシコ史カルデナスペオン制小林弌

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android