ペップ(英語表記)Cesar de Paepe

世界大百科事典 第2版の解説

ペップ【Cesar de Paepe】

1842‐90
ベルギーの社会主義者。オーステンデ生れ。19世紀中葉のベルギーでは工場労働者の増加,経済危機,フランスの二月革命の影響などにより,労働者階級の解放をめざす政治的・社会的運動が活発になった。ペップは1858年〈フランドル人前進せよ〉〈連帯〉などの政治団体に加わり,さらに同志とともに〈人民党〉(1860),〈ブラバント社会党〉(1877),〈ベルギー労働党〉(1885)を結成した。また《人民》《労働者》《労働者の声》などの新聞に協力し,社会主義思想の普及と社会主義運動の指導に尽くした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android