コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペティコート petticoat

翻訳|petticoat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペティコート
petticoat

女性服のスカートを広げるためのファンデーションの一種。時代,流行によって形も材料もさまざまであるところから,広くアンダースカートや腰枠形式のフープ (→パニエ ) をも含めてペティコートと称することがある。 19世紀前半までは今日的意味でのスカートをさす語として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のペティコートの言及

【クリノリン】より

…ヨーロッパ,アメリカで1840年ころから70年ころまで流行した半円球形スカートのためのペティコート。語源は,毛を意味するラテン語crinisに由来し,馬の毛や鯨のひげを入れて固く織った木綿,麻などでつくられた。…

【下着】より

…ファウンデーションは女性用で,ブラジャー,ウエストニッパー,ボディスーツ,コルセット,ガードルなど胸やウエスト,腹部などをひきしめ,ヒップ・アップなど体型を整えるために用いられ,伸縮性と体に密着する性質をもつ素材でつくられる。ランジェリーも女性用でスリップ,キャミソール,ペティコートなどがあり,上に着る衣類のすべりをよくし,汚れや傷みを防ぐために用いる。またスカートの広がりなど流行のラインに合わせたり,装飾のためにも用いられる。…

【ファージンゲール】より

…15世紀末のスペイン宮廷モードに由来し,婦人服のスカートを広げるために用いられた枠つきのペティコート。フランスやイギリスの貴族社会には16世紀に導入され,フランスでは〈ベルチュガダンvertugadin〉と呼ばれた。…

※「ペティコート」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ペティコートの関連キーワードカール シュテルンハイムブライアン マムマーンファージンゲールシュテルンハイムタワーハムレッツフラッパーペチコートチマ(裳)クリノリンショール改良服サリーズボンコット

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ペティコートの関連情報