コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペネトレーション価格政策 ペネトレーションかかくせいさく

1件 の用語解説(ペネトレーション価格政策の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペネトレーション価格政策
ペネトレーションかかくせいさく

浸透価格設定ともいい,新製品を市場へ導入する際に,長期的な需要と市場への抵抗を考慮して,最初から低価格を設定して市場への浸透を図るほうが望ましいときに採られる販売政策である。製品に強い経験効果があることが予想されるときには,コスト上の競争優位を得るために,この政策が積極的に採用される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペネトレーション価格政策の関連キーワード価格設定戦略競争志向型価格設定価値志向型価格設定地域別価格設定全国統一価格設定コスト志向型価格設定コスト・プラス型価格設定浸透価格浸透価格戦略市場浸透価格設定

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone