コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペリゴール文化 ペリゴールぶんか

世界大百科事典 第2版の解説

ペリゴールぶんか【ペリゴール文化】

ペイロニDenis Peyrony(1869‐1954)が1933年,仮説的に唱えたフランスペリゴールを中心とする後期旧石器時代文化。刃つぶしを施す技術を石器製作の特色として,シャテルペロン文化(ペリゴール文化第I期)とグラベット文化(同第IV期)をつなぎ,年代的にその中間におかれたオーリニャック文化と並行発展するとされた。隣接して存在する文化が,数千年の間互いに交流なく,影響もうけあわなかったと考えられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペリゴール文化の言及

【オーリニャック文化】より

…しかし他方この中期にあたるオーリニャック文化を第I~V期に細分し,それに並行してシャテルペロン文化とグラベット文化が一系列に連続して存在したとするD.ペイロニの説が提唱された。その説では後者をペリゴール文化と呼び,これもまた5期に細分される。ロジュリー・オートLaugerie Haute遺跡の層位,およびパトーPataud遺跡の発掘成果をみると,ブルイユ説よりもペイロニ説のほうが難点が大きいが,オーリニャック文化に関する編年学的問題はまだ解決されていない。…

※「ペリゴール文化」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ペリゴール文化の関連キーワードデニス島デニショーンベルトフショーン小児外科

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone