コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルフェナジン perphenazine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルフェナジン
perphenazine

フェノチアジン系の向精神薬。静穏作用が強く,鎮静,強化麻酔,制吐作用なども示す。同系のクロルプロマジンに比して,傾眠状態を起こすことが少なく,鎮静作用も比較的弱いが,制吐作用は非常に強い。精神病治療にも有効で,陳旧な統合失調症患者に対して,疎通性,接触性の回復および,意欲,自発性の促進作用を強く現す。副作用は嗜眠,軽度の血圧下降,パーキンソン様症状などがあるが,クロルプロマジンに比して弱い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ペルフェナジンの関連キーワード向精神薬のいろいろ制吐剤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android