コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペルー神話 ペルーしんわPeruvian myths

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ペルー神話
ペルーしんわ
Peruvian myths

現在のペルーおよびボリビア西部を中心に,南アメリカのアンデス山地と太平洋岸の先住民の神話。 13~16世紀にそこに栄えたインカ帝国の伝承などがスペインの征服者などの記録を通して残り,今日に伝わっている。最高神は創造の神で,ビラコチャ,コン・ティキ,パチャクチャクなどと称され,白い肌をもつ。南方から来て,天地を創造し,人間に生きる方法を教えたのち北方へ行方知れず旅立ったという。皇帝や貴族に尊崇されたが,庶民はアニミズムトーテミズムを信じ,パチャカマと称する地母神信仰が盛んであった。太陽,月,星,雷などはビラコチャの下僕とされたが,太陽はインカの祖先として特に帝国で尊崇され,首都クスコに神殿があった。ママキーヤという月の女神は暦や労働に関係し,星に対する神話も多く,動物にはそれぞれ守護星がいるとされた。死後の世界は天上にあり,勇者はやさしい道を通ってそこへ行くとされ,一説によれば貴族以外はそこへ行けないともいわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android