コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路) ペントースりんさんかいろpentose phosphate cycle

1件 の用語解説(ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペントースりんさんかいろ【ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路) pentose phosphate cycle】

ワールブルク=ディケンズ経路,ホスホグルコン酸経路ヘキソースリン酸回路とも呼ばれる(図)。グルコースを出発点とする代謝経路の一つで,次の二つの反応系に大別される。(1)グルコース‐6‐リン酸の酸化的脱炭酸によるペントースリン酸の不可逆的生成。この反応でNADPの還元型NADPHも生成する。(2)各種トリオーステトロース,ペントース,ヘキソースヘプトースリン酸エステルが相互に変換する可逆的過程。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)の言及

【呼吸】より

…真核生物では,クエン酸回路,β酸化,および電子伝達系の諸酵素はミトコンドリアに含まれている。赤血球や肝臓および多くの植物の組織では,グルコースの一部は解糖系とは異なるペントースリン酸回路(細胞質の可溶性画分にある)によって完全酸化を受ける(図3)。解糖系で働く補酵素がNADであるのに対し,この回路の場合はNADPであることと,回路上に五炭糖が出現することが特徴である。…

【シキミ酸】より

…またタンニンの主要成分である没食子酸の前駆体でもある。シキミ酸の生合成は,ヘキソースリン酸分路またはペントースリン酸回路と呼ばれる経路に由来するエリトロース‐4‐リン酸と解糖によって生じるホスホエノールピルビン酸の結合によって行われる。【徳重 正信】。…

※「ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone