コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路) ペントースりんさんかいろ pentose phosphate cycle

1件 の用語解説(ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ペントースりんさんかいろ【ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路) pentose phosphate cycle】

ワールブルク=ディケンズ経路,ホスホグルコン酸経路ヘキソースリン酸回路とも呼ばれる(図)。グルコースを出発点とする代謝経路の一つで,次の二つの反応系に大別される。(1)グルコース‐6‐リン酸の酸化的脱炭酸によるペントースリン酸の不可逆的生成。この反応でNADPの還元型NADPHも生成する。(2)各種トリオーステトロース,ペントース,ヘキソースヘプトースリン酸エステルが相互に変換する可逆的過程。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)の言及

【呼吸】より

…真核生物では,クエン酸回路,β酸化,および電子伝達系の諸酵素はミトコンドリアに含まれている。赤血球や肝臓および多くの植物の組織では,グルコースの一部は解糖系とは異なるペントースリン酸回路(細胞質の可溶性画分にある)によって完全酸化を受ける(図3)。解糖系で働く補酵素がNADであるのに対し,この回路の場合はNADPであることと,回路上に五炭糖が出現することが特徴である。…

【シキミ酸】より

…またタンニンの主要成分である没食子酸の前駆体でもある。シキミ酸の生合成は,ヘキソースリン酸分路またはペントースリン酸回路と呼ばれる経路に由来するエリトロース‐4‐リン酸と解糖によって生じるホスホエノールピルビン酸の結合によって行われる。【徳重 正信】。…

※「ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ペントースリン酸回路(ペントース燐酸回路)の関連キーワードワールブルクウリジンホスホグルコースペントースリン酸回路ホスホグルコノラクトンホスホグルコムターゼホスホグルコン酸ホスホグルコン酸回路ホスホグルコン酸経路ヴァールブルク‐ディッケンズの経路(生化学)ワールブルク‐ディッケンズの経路(生化学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone