コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーチの大聖堂 ペーチのだいせいどう

1件 の用語解説(ペーチの大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペーチのだいせいどう【ペーチの大聖堂】

ハンガリー南東部の都市ペーチにある聖堂。11世紀に建造されたが、オスマントルコによって破壊され、イシュトバーン王の時代に再建されてネオロマネスク様式の大聖堂となった。4つの尖塔があり、天井が高く、広々とした礼拝堂がすばらしい。建物の周囲から、4世紀の「初期キリスト教徒の墓地」が発掘され、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーチの大聖堂の関連キーワードリレハンメルガージカーシムパシャモスクカープタラン通りジュール大聖堂セゲド大聖堂ソピアネペーチ大聖堂ヤコバーリハッサーンモスクハンガリー岩ペーチュ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone