コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホシミドロ(星水泥) ホシミドロZygnema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホシミドロ(星水泥)
ホシミドロ
Zygnema

緑藻類接合藻類ホシミドロ目ホシミドロ科の淡水藻。水田や湿原のたまり水などに生じる微細な糸状藻。細いものでは直径6~10μm,太いものでは 30~40μmの円筒形の細胞が縦に長くつながって糸状になる。各細胞には中央に1核,それをはさんで星状の形をした葉緑体が2個あり,葉緑体のほぼ中央には顕著な核様体がみられる。無性的な細胞が横断的に分裂して糸状体は伸長,増殖する。有性生殖は,相隣の糸状体と各細胞ごとに接合管によって連結し,一方より他方に細胞内容がすべて移行して接合し,その結果楕円状で褐色の厚膜に包まれた接合子となる。これは休眠ののちに発芽し,再び糸状体となる。この属には約 100種に及ぶものが記録され,全世界に分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報