コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホジキン‐ハクスレイの式 Hodgkin-Huxley's equation

法則の辞典の解説

ホジキン‐ハクスレイの式【Hodgkin-Huxley's equation】

イオンに対するコンダクタンスを,電圧と時間の関数として表し,それによって活動電位を表現する式.

イカの巨大軸索を対象として,ホジキン(A. L. Hodgkin)とハクスレイ(A. F. Huxley)が,固定電位法によって膜電流をナトリウム電流とカリウム電流とに分けて測定し,その結果を数式化したことに始まる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android