コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コンダクタンス conductance

翻訳|conductance

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コンダクタンス
conductance

回路素子の電流の流れやすさを示す量。抵抗の逆数。交流回路におけるアドミタンスの実数部にも用いる。単位はジーメンスで,記号はS。また,電流の流れやすさに対応して,気体や液体の流れやすさを表わす量として用いられることもあり,この場合コンダクタンスに圧力差を掛けると流量が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コンダクタンス(conductance)

回路における電流の流れやすさを表す量。直流回路では、電気抵抗の逆数。単位はジーメンス

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

コンダクタンス【conductance】

電気抵抗の逆数。電流/電圧の次元をもち,単位はジーメンス。記号はS。交流回路ではアドミタンスの実部をいう。すなわち,1Vの電圧をかけたときに流れる電流のうち,電圧と同相の成分がG(A)とすれば,これのコンダクタンスはG(S)である。このとき,電圧より90゜(1/4周期)位相の進んだ電流成分がB(A)であるとすれば,アドミタンスはjを虚数単位(j2=-1)とすればGjB(S)である。アドミタンス【曾根 悟】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

コンダクタンス【conductance】

回路における電流の流れやすさ。すなわち、電気抵抗の逆数。記号 G  単位ジーメンス(記号 S )、またはモー(記号 ℧)。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コンダクタンス
こんだくたんす
conductance

直流回路において、回路に電圧を加えたときの電流の流れやすさを表す量のこと。抵抗成分(記号はR)の逆数に等しい。すなわち、電流はコンダクタンスに比例する。
 また、交流回路においてはアドミタンス(記号はY)の実数部をいう。交流電流を、加えた電圧と同位相の成分とπ(パイ)ラジアンずれた位相の成分の和と考えると、コンダクタンスは電圧と同位相の電流成分の流れやすさを表している。単位はジーメンス(S)。記号はGで、G=1/ZZはインピーダンス)、YGjBjは虚数単位、Bはサセプタンス)の関係である。[布施 正・吉澤昌純]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コンダクタンスの関連キーワードジーメンス(コンダクタンスの単位)接合型電界効果トランジスタホジキン‐ハクスレイの式相互コンダクタンスカソードホロワ回路真空管の三定数メゾスコピックサセプタンスアーリー効果電気伝導率電気伝導並列接続増幅器ゲート熱貫流計器モーs