コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホッケースティックカーブ

1件 の用語解説(ホッケースティックカーブの意味・用語解説を検索)

産学連携キーワード辞典の解説

ホッケースティックカーブ

ホッケースティックカーブ」とはTLOにおいてよく見られる収益曲線の事。TLOは発足後、運営が軌道に乗るまで非常にコストがかさみ収益がマイナスになる。その後運営が軌道に乗ると収益は急速に回復するが、そういった段階での収益曲線がまるでホッケーのステッキのように描かれる事からこの収益変化曲線は「ホッケースティックカーブ」と呼ばれるようになった。

出典|(株)アヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホッケースティックカーブの関連キーワードホッケーローラーホッケーユニホックスティックハイスティックユニバーサルホッケーハイスティッキング長靴アイスホッケーバックスティックスティックホース (stick horse)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone