ホッケースティックカーブ

産学連携キーワード辞典の解説

ホッケースティックカーブ

「ホッケースティックカーブ」とはTLOにおいてよく見られる収益曲線の事。TLOは発足後、運営が軌道に乗るまで非常にコストがかさみ収益がマイナスになる。その後運営が軌道に乗ると収益は急速に回復するが、そういった段階での収益曲線がまるでホッケーのステッキのように描かれる事からこの収益変化曲線は「ホッケースティックカーブ」と呼ばれるようになった。

出典 (株)アヴィス産学連携キーワード辞典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android