コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホットプラグ ほっとぷらぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ホットプラグ

コンピューターや周辺機器電源を入れた状態のままで接続し、そのまま使用できる機能。機器を接続するとシステムデバイスを認識して、ドライバーの組み込みと必要な設定を自動的に行う。USBやIEEE1394規格の周辺機器などが対応している。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ホット‐プラグ(hot plug)

コンピューターの電源を入れたまま、周辺機器を装着すること。ホットスワップ活線挿抜(かっせんそうばつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ホットプラグ【hot plug】

コンピューターや周辺機器の電源を入れた状態で接続して使用できる機能。システムが接続された機器を認識し、必要な設定を自動的に行うもの。◇「ホットスワップ」と同じ意で用いられることもある。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

ホットプラグの関連キーワードExpressCardSerial ATAホットスワッピングエクスプレスカードコンピューターシリアルATAeSATA

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホットプラグの関連情報