コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホナム(湖南)平野 ホナムへいやHonam P'yǒngya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホナム(湖南)平野
ホナムへいや
Honam P'yǒngya

韓国の西海岸にのぞむ平野。クム (錦) 江北岸のネポ (内浦) 平野と,その南岸からマンギョン (万頃) 江,トンジン (東津) 江の流域に及ぶ狭義のホナム平野に分れる。さらに広義にはノリョン (蘆嶺) 山脈の南方にあるチョンナム (全南) 平野も含める。狭義の場合も韓国最大の平野で,灌漑施設が整い,韓国の穀倉である。日本の統治期にはクンサン (群山) 港から日本本土へ大量の米が積出された。中心都市はチョンジュ (全州) 市とイリ (裡里) 市で,チョンナム平野ではクアンジュ (光州) 市。ホナム鉄道とホナム高速道路が縦貫する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホナム(湖南)平野の関連キーワードチュンチョンナム(忠清南)道チョルラプク(全羅北)道チョンジュ(全州)市マンギョン(万頃)江チョンウプ(井邑)郡キムジェ(金堤)郡クンサン(群山)市クム(錦)江朝鮮半島大韓民国

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android