コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦 うちうら

5件 の用語解説(内浦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内浦
うちうら

石川県北部,能登町北東部の旧町域。能登半島の北東部にある。1948年木郎村が町制施行,松波町に名称変更。1955年能都町の一部を編入,1958年内浦町と改称。2005年能都町,柳田村と合体,能登町となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

内浦
うちうら

石川県能登半島の東岸,富山湾に面する海岸の総称。半島最先端部の珠洲岬で外浦と境され,観音崎以南富山県氷見市までは灘浦となる。海岸段丘が発達し,外浦とは対照的な沈降海岸で,女性的な海岸美をみせている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うち‐うら【内浦】

海または湖水が陸地に入り込んでいる所。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うちうら【内浦】

海または湖水が陸地に弓形にはいり込んでいる所。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内浦
うちうら

石川県北部、珠洲(すず)郡にあった旧町名(内浦町(まち))。現在は鳳珠(ほうす)郡能登(のと)町の東部を占める地域。1948年(昭和23)珠洲郡木郎(もくろう)村が町制施行し松波(まつなみ)町と改称。1955年鳳至(ふげし)郡能都町の小木(おぎ)などの4集落を編入し、1958年内浦町と改称。2005年(平成17)鳳至郡能都町、柳田(やなぎだ)村と合併し、鳳珠郡能登町となった。旧内浦町は能登半島の先端部、富山湾岸の内浦にあり、地名もこれに由来する。海岸段丘と丘陵地が広く、リアス式海岸が発達し、九十九(つくも)湾は能登の代表的景勝地である。国道249号が通じる。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年4月廃止され、現在は代替バスが通じている。室町時代、畠山(はたけやま)氏の居城が松波にあったが、上杉謙信(けんしん)の軍に滅ぼされた。江戸時代から杜氏(とうじ)出稼ぎをし、小木港を基地にサケ・マス・イカ釣りなどの漁業出稼ぎが盛ん。農業ではタバコ、積雪の少ない海岸では施設園芸でトマト、キュウリを栽培する。
 松波城跡公園(旧松波城庭園は国指定名勝)や、悲恋伝説のある恋路(こいじ)海岸は観光地。また、春に行われる御船(みふね)神社のとも旗祭りは有名。[矢ヶ崎孝雄]
『『内浦町史』全3巻(1981~1984・内浦町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

内浦の関連キーワード奥能登石川県鳳珠郡能登町宇出津石川県鳳珠郡能登町小木石川県鹿島郡石川県鳳珠郡能登町上石川県鳳珠郡能登町北河内石川県鳳珠郡能登町黒川石川県鹿島郡中能登町能登部上石川県鹿島郡中能登町能登部下石川県鳳珠郡能登町姫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

内浦の関連情報