コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内浦(読み)うちうら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内浦
うちうら

石川県北部,能登町北東部の旧町域。能登半島の北東部にある。1948年木郎村が町制施行,松波町に名称変更。1955年能都町の一部を編入,1958年内浦町と改称。2005年能都町,柳田村と合体,能登町となる。西部は丘陵地帯で,東部と南部の海岸一帯に平野が広がり,中心市街地は北東部の松波川河口に発達した松波。農業は米作を主とするが,積雪の少ない地の利をいかし,野菜の施設栽培が普及。漁業ではサケ,マス,イカ釣り漁業が盛んで,ほかにタラ,サバ,イワシ,アジ漁などがある。内浦海域公園地区恋路海岸,赤崎海岸などがあり,能登半島国定公園の一部となっている。松波には松波城跡や万福寺などの旧跡,古刹がある。農耕儀礼「奥能登のあえのこと」,来訪神の行事「能登のアマメハギ」は国の重要無形民俗文化財

内浦
うちうら

石川県能登半島の東岸,富山湾に面する海岸の総称。半島最先端部の珠洲岬外浦と境され,観音崎以南富山県氷見市までは灘浦となる。海岸段丘が発達し,外浦とは対照的な沈降海岸で,女性的な海岸美をみせている。九十九 (つくも) 湾は代表的な景勝地で,七尾湾能登島も同様な沈降海岸である。能登半島国定公園に指定されている。漁港も多く,ブリの定置網漁,カキ,ノリの養殖などが行われている。七尾市にある和倉温泉は能登観光の基地。七尾港は北洋材の輸入が多い。国道 249号線と JR七尾線,のと鉄道が海岸に沿って通じている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うちうら【内浦】

海または湖水が陸地に弓形にはいり込んでいる所。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内浦
うちうら

石川県北部、珠洲(すず)郡にあった旧町名(内浦町(まち))。現在は鳳珠(ほうす)郡能登(のと)町の東部を占める地域。1948年(昭和23)珠洲郡木郎(もくろう)村が町制施行し松波(まつなみ)町と改称。1955年鳳至(ふげし)郡能都町の小木(おぎ)などの4集落を編入し、1958年内浦町と改称。2005年(平成17)鳳至郡能都町、柳田(やなぎだ)村と合併し、鳳珠郡能登町となった。旧内浦町は能登半島の先端部、富山湾岸の内浦にあり、地名もこれに由来する。海岸段丘と丘陵地が広く、リアス式海岸が発達し、九十九(つくも)湾は能登の代表的景勝地である。国道249号が通じる。鉄道は、のと鉄道能登線(穴水(あなみず)―蛸島(たこじま)間)が通じていたが、2005年4月廃止され、現在は代替バスが通じている。室町時代、畠山(はたけやま)氏の居城が松波にあったが、上杉謙信(けんしん)の軍に滅ぼされた。江戸時代から杜氏(とうじ)出稼ぎをし、小木港を基地にサケ・マス・イカ釣りなどの漁業出稼ぎが盛ん。農業ではタバコ、積雪の少ない海岸では施設園芸でトマト、キュウリを栽培する。
 松波城跡公園(旧松波城庭園は国指定名勝)や、悲恋伝説のある恋路(こいじ)海岸は観光地。また、春に行われる御船(みふね)神社のとも旗祭りは有名。[矢ヶ崎孝雄]
『『内浦町史』全3巻(1981~1984・内浦町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プレミアムフライデー

《〈和〉premium+Friday》経済産業省や経団連、各業界団体が連携して行う、個人消費活性化のための取り組み。また、その取り組みが実施される毎月末の金曜日のこと。平成29年(2017)2月末より...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内浦の関連情報