ホネスティオレス(英語表記)honestiores[ラテン]

世界大百科事典 第2版の解説

ホネスティオレス【honestiores[ラテン]】

ローマ帝国元首政期の上層民(名誉ある人びと)。〈フミリオレスhumiliores〉と呼ばれる下層民(卑しい人びと)と社会的身分において区別される。元老院議員身分,騎士身分,退役兵,都市参事会員身分の者が上層民に属し,初期には法制上の差別はみられなかった。しかし,アントニヌス・ピウス帝の頃から,刑事訴訟手続や刑量などにおいて特権的な取扱いを受けるようになった。このような身分差別が顕著になった背景に,ローマ市民権付与の拡大によって,市民と非市民との区別がほとんど意味をもたなくなってきた事実があることは注目される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android