外人(読み)ガイジン

デジタル大辞泉の解説

がい‐じん〔グワイ‐〕【外人】

外国人。特に、欧米人をいう。「外人墓地」
仲間以外の人。他人。
「―もなき所に兵具(ひゃうぐ)をととのへ」〈平家・一〉
[補説]1は、よそ者というニュアンスを持つようになったため、使う相手・状況に注意が必要な言葉。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいじん【外人】

外国人。 「 -選手」 「 -墓地」
内輪でない人。他人。外部の人。 「 -もなき所に兵具をととのへ/平家 1

ほかびと【外人】

他人。よそのひと。 「 -と違つて文さんがお嫁をお貰ひの事こつたから黙つてもゐられない/浮雲 四迷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐じん グヮイ‥【外人】

〘名〙
① 家族、親戚、仲間、同宿などの範囲の外にいる人。無関係の人。疎遠な人。他人。また、その土地の人ではない人。
※扶桑集(995‐999頃)九・暮春賀藤才子寮試及第花下命酌〈大江朝綱〉「外人傾耳猶添愛、况是堂中父母心」
※平家(13C前)一「其恩をわすれて、外人もなき所に兵具ととのへ、軍兵をかたらひおき」 〔孟子‐滕文公〕
外国人
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「学者流の人にても少しく見識ある者は外人の挙動を見て決して心酔するに非ず」 〔陶潜‐桃花源記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の外人の言及

【外国人】より

…自国以外の国籍を有する者および無国籍者をふつう指す。外人,異国人,異邦人,異人などともいう。もともと畿内から見た外の人,地方の人を表す〈外国人(とつくにびと)〉が今日の用法に転用された。…

【日本】より

…しかし江戸時代300年の鎖国に慣れた多くの日本人の意識にとって,拡大されたムラの境界は,日本の国境を超えない。ムラ人=日本人と〈外人〉=非日本人との区別は,今日なお大きな意味をもちつづけ,〈外人〉は,日本人以上か以下である。たとえば中国人,朝鮮人は,1868年(明治1)を境として,日本人以上から以下に変わった。…

※「外人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外人の関連情報