コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホフマン窯 ホフマンガマ

デジタル大辞泉の解説

ホフマン‐がま【ホフマン窯】

煉瓦(れんが)焼成窯の形式の一。多数の焼成室を環状に配置し、順に火を入れていくことで搬入から乾燥、焼成、搬出までを連続して行うことができる。日本にも明治時代に導入され、そのうち数基が遺構として残る。名称は、考案したドイツ人技師の名から。ホフマン式輪窯(わがま)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ホフマン窯の関連キーワード神崎煉瓦ホフマン式輪窯ベックマン煉瓦

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホフマン窯の関連情報