ホブ盤(読み)ホブバン

大辞林 第三版の解説

ホブばん【ホブ盤】

ホブを用いて、歯車の歯を切る工作機械。ホブ歯切り盤。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のホブ盤の言及

【工作機械】より

…歯車の種類に対応したいろいろな機種がある。平歯車を加工するホブ盤,歯車形削り盤は代表的な例である。傘歯車を加工する傘歯車歯切盤は自動車産業で広く用いられている。…

【歯切盤】より

…歯切盤での歯形の加工方法は創成法と呼ばれ,切削すべき歯車と正しくかみ合う歯車を刃物(歯切工具といい,その形態によりホブ,ピニオンカッター,ラックカッターなどと呼ばれる)とするもので,歯形をつけるべき工作物と歯切工具が互いにころがり運動を行い,その運動の軌跡の包絡線としてインボリュート,あるいはサイクロイド曲線を形成して歯形を削り出す。歯切盤には歯車の種類に対応して数多くの機種があり,平歯車の加工に用いられるホブ盤,歯車形削り盤はその代表的なものである。歯車形削り盤による加工の例を図に示したが,工作物は回転運動と前後進運動を,ピニオンカッターは回転運動と上下方向往復運動を行い,しかも両者の回転運動は同期されている。…

※「ホブ盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android