コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホマロメナ Homalomena

世界大百科事典 第2版の解説

ホマロメナ【Homalomena】

インド東部からニューギニアにかけて約50種と,南アメリカ熱帯域に数種が隔離的に分布するサトイモ科の植物(イラスト)。全草にショウブに似た芳香がある。種数が多く,形態的には多様で,高さ3cmほどの小さなものから2mをこえる大きなものまであり,茎は直立するものが多いが,地表を横走するものもある。葉も,狭披針形のものから広卵形基部が心形となるものまである。花は,雌雄異花で花被はなく,肉穂花序をつくる。花序には不稔の部分はなく,下部に雌花が,上部に雄花がつき,宿存する仏焰苞(ぶつえんほう)につつまれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android