コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホマロメナ Homalomena

世界大百科事典 第2版の解説

ホマロメナ【Homalomena】

インド東部からニューギニアにかけて約50種と,南アメリカ熱帯域に数種が隔離的に分布するサトイモ科の植物(イラスト)。全草にショウブに似た芳香がある。種数が多く,形態的には多様で,高さ3cmほどの小さなものから2mをこえる大きなものまであり,茎は直立するものが多いが,地表を横走するものもある。葉も,狭披針形のものから広卵形基部が心形となるものまである。花は,雌雄異花で花被はなく,肉穂花序をつくる。花序には不稔の部分はなく,下部に雌花が,上部に雄花がつき,宿存する仏焰苞(ぶつえんほう)につつまれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android