ホラチウス(英語表記)Horatius Flaccus, Quintus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホラチウス
Horatius Flaccus, Quintus

[生]前65.12.8. ウェヌシア
[没]前8.11.27. ローマ
ローマの詩人。解放奴隷の子に生れ,ローマとアテネで学ぶ。カエサル暗殺後の内乱でブルーツスの軍に軍団司令官として加わり,フィリッピの野戦に敗れた。恩赦を受けてローマに帰り,詩作を通じてウェルギリウスと親交を結び,マエケナスの援助を受け,やがてアウグスツス帝の知遇も得て,前 17年の「世紀の祭典」には奉納歌の作者となった。作品は『風刺詩』 Satirae (2巻) ,『エポディ』 Epodi,『歌章』 Carmina (3巻) ,『書簡詩』 Epistulae (2巻) ,『世紀祭の歌』 Carmen Saeculare,『詩論』 Ars Poetica。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アノミー

もとは「神法の無視」「無規則性」を意味するギリシア語の anomiaが語源であるが,フランスの社会学者 É.デュルケムが,近代に移行する過程で,それまで人間の行為を規制してきた伝統的価値や,社会的規準...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android