コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌章 かしょう Carmina

1件 の用語解説(歌章の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歌章
かしょう
Carmina

ローマのホラチウス抒情詩集。前 23年 (1~3巻) と前 13年 (4巻) に刊行。高度に様式を重んじた抒情詩集で,アルカイオスサッフォーピンダロスなどのギリシア抒情詩の韻律と精神をローマに移植し,日常のさまざまな出来事,友の船出や帰国,恋愛,四季,田園生活の楽しみ,人生のはかなさと憂愁などを,中庸の精神と都会的なウイットと磨き上げられた技巧をもって歌う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌章の関連キーワードガルスグラックス抒情詩・叙情詩ティブルスプロペルティウスローマの泉ローマの祭ローマの祭り百花扇 夏の抒情詩《滑稽抒情詩集》

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone