コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルタ ホルタ

2件 の用語解説(ホルタの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホルタ
ホルタ

「ラモス=ホルタ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ホルタ
ほるた
Jos Ramos-Horta
(1949― )

東チモールの政治家。東チモールのディリ生まれ。東チモールは16世紀以来ポルトガルの植民地となり、20世紀にはインドネシアに併合されてきた。ホルタは、1974年東チモール独立革命戦線(FRETILIN=フレティリン)の設立に参加。1975年12月のインドネシア武力介入直前に東チモールを脱出し、フレティリン国連代表としてニューヨークに滞在した。1988年、東チモール民族抵抗評議会の設立と同時にフレティリンを離れ、同評議会の共同代表。以来、独立運動のスポークスマンとして、ポルトガルとオーストラリアを往復しながら、東チモールの現状を訴え、国際社会に支援を求めてきた。1996年、東チモールのベロ司教とともに「東チモール紛争の正当で平和的な解決への尽力」という理由でノーベル平和賞を受賞した。2000年より東チモール暫定内閣の閣僚。2002年5月の東チモール民主共和国の独立に伴い初代外相となった。2006年、4~5月に起きた元兵士らの暴動の責任を問われ辞任したアルカティリMar bim Alkatiri(1949― )にかわり、7月に首相となる。翌2007年の大統領選挙でフレティリン党首ルオロLu-Olo(1954― )を大差で破り当選、5月20日第2代大統領に就任した。2012年3月の大統領選挙に立候補したが落選し、同年5月に退任した。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルタの関連情報