コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スポークスマン スポークスマン spokesman

翻訳|spokesman

3件 の用語解説(スポークスマンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スポークスマン(spokesman)

政府や団体の意見などを発表する担当者、また、代弁者。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

スポークスマン【spokesman】

政府や団体などの意見を発表する役割の人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スポークスマン
すぽーくすまん
spokesman

公私の各機関、団体などを代表して発言する人。その主要なものとして政府、外務省国際機関国際会議スポークスマンをあげうる。日本では内閣のスポークスマンは内閣官房長官アメリカではホワイトハウスのそれは大統領直属の報道官(プレスセクレタリー)である。各国とも外務省では情報担当の部局長、在外公館では公館付報道官(プレス・アタッシェ)がスポークスマンとなっているのが通例である。[田口富久治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スポークスマンの関連キーワードライン&スタッフ会長建白公開状広告塔パブリシティー封事代弁者ロジ担ウェブ・マスター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スポークスマンの関連情報