スポークスマン(英語表記)spokesman

翻訳|spokesman

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

公私の各機関、団体などを代表して発言する人。その主要なものとして政府、外務省、国際機関、国際会議のスポークスマンをあげうる。日本では内閣のスポークスマンは内閣官房長官、アメリカではホワイトハウスのそれは大統領直属の報道官(プレス・セクレタリー)である。各国とも外務省では情報担当の部局長、在外公館では公館付報道官(プレス・アタッシェ)がスポークスマンとなっているのが通例である。[田口富久治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (spokesman) 政府・団体などの意見、所信などの公表を担当する人。また、代弁者。
※学生と教養(1936)〈鈴木利貞編〉学生時代の回顧〈河合栄治郎〉三「そのスポークスマンが当時大学生であった青木得三氏で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スポークスマンの関連情報