ホルモンレセプター

栄養・生化学辞典の解説

ホルモンレセプター

 ホルモン受容体ともいう.ホルモンが組織に達して作用するときに,最初に結合するタンパク質.ホルモンが細胞に作用して信号伝達する際の最初の段階が受容体との結合である.ペプチドホルモンカテコールアミンなどの受容体は細胞表面にあり,ステロイドホルモンや甲状腺ホルモンなどの受容体は細胞内に,そして多くは核内にある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android