コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホルモン焼き ホルモンやき

2件 の用語解説(ホルモン焼きの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ホルモンやき【ホルモン焼き】

ブタなどの臓物をゆで、小さく切って焼いた食べ物。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ホルモンやき【ホルモン焼き】

牛や豚の臓物を焼いた料理。焼き網や鉄板で焼くもの、串に刺して塩やたれをつけて焼くものなどがある。

出典|講談社
和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

世界大百科事典内のホルモン焼きの言及

【焼鳥】より

…このため現在焼鳥というと,ふつうブタやウシの内臓を串焼きにしたもの,つまり〈もつ焼き〉をさすようになっており,本来のものは,せいぜい鶏肉を用いるくらいである。もつ焼きはきわめて栄養価が高いので〈ホルモン焼き〉の俗称があり,安価なこともあって愛好する人が多い。内臓は部位によって,肝臓をレバー,心臓をハツ,大腸をシロ,腎臓をマメなどと呼ぶ。…

※「ホルモン焼き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホルモン焼きの関連情報