コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホローファイバー hollow fiber

世界大百科事典 第2版の解説

ホローファイバー【hollow fiber】

繊維内部が中空になっている化学繊維。中空繊維,中空糸ともいう。繊維内部に気泡を閉じ込めたもの,マカロニ状やれんこん状に連続した中空部をもつもの,および長い中空部がところどころ切れた竹のようなものがある。繊維は軽いほど重量当り大きな被覆面積をもつわけだが,化学繊維のうち,ビスコースレーヨンは比重1.53とアセテート繊維の1.30より重い。大きな表面積を有する平たい形の繊維は粗い感じがするので嫌われることから,ビスコースレーヨンに気泡を閉じ込めて見掛け比重を軽くした気泡入り繊維が1922年フランスで初めて作られた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ホローファイバーの関連キーワード血液透析人工臓器

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android