コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホローファイバー hollow fiber

1件 の用語解説(ホローファイバーの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ホローファイバー【hollow fiber】

繊維内部が中空になっている化学繊維中空繊維,中空糸ともいう。繊維内部に気泡を閉じ込めたもの,マカロニ状やれんこん状に連続した中空部をもつもの,および長い中空部がところどころ切れた竹のようなものがある。繊維は軽いほど重量当り大きな被覆面積をもつわけだが,化学繊維のうち,ビスコースレーヨンは比重1.53とアセテート繊維の1.30より重い。大きな表面積を有する平たい形の繊維は粗い感じがするので嫌われることから,ビスコースレーヨンに気泡を閉じ込めて見掛け比重を軽くした気泡入り繊維が1922年フランスで初めて作られた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ホローファイバーの関連キーワード化学繊維人造絹糸人造繊維中空糸膜疣石中空紡績中空繊維伏し木

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホローファイバーの関連情報