コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホワンシー(黄石)特別市 ホワンシーHuangshi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホワンシー(黄石)〔特別市〕
ホワンシー
Huangshi

中国華中地方,フーペイ (湖北) 省東部,チャン (長) 江南岸の新興工業都市。市区とターイエ (大冶) 県から成る。石灰窯と呼ばれる小河港であったが,1891年にターイエ鉄鉱山が開発されて,鉄鉱石の積出港となった。人民共和国成立後,鉄鋼,セメント,銅精錬,皮革,紡織,食品などの工業が興り,省都ウーハン (武漢) 特別市に次ぐ工業都市となった。ターイエ鉄鉱山のほか,リンシヤン (霊郷) 鉄鉱山,ホーシープー (河錫舗) 鉄鉱山,ターイエ銅山,ホワユワン (華源) 炭鉱,ホワンチンシャン (黄金山) 石灰石などの鉱山がある。水運のほかウーター (武大) 鉄道でウーハン市と結ばれている。人口 133万 4745 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホワンシー(黄石)特別市の関連キーワードターイエ(大冶)鉄鉱山

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android