コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンシュイ(衡水)地区 ホンシュイHengshui

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホンシュイ(衡水)〔地区〕
ホンシュイ
Hengshui

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省南部の地区。ホワペイ (華北) 平原中の低地にあり,北部をフートー河,中部をフーヤン河,東縁をター (大) 運河が流れる。1市 10県から成り,行政中心地はホンシュイ市にある。ワタ,コムギトウモロコシコーリャンを主作物とし,ウシ,ブタ,ニワトリなどを飼育。ヤーリー (鴨梨) と呼ばれるナシやアンズ,モモ,ナツメの産出も多い。かつては河川が氾濫を繰返し,特にフーヤン河沿いにはアルカリ湿地が広がる。ハイ (海) 河の根本的な治水計画によって,堤防が改修され,フーヤン新河などの灌漑排水路が開かれて,反当収量も増加している。ホンシュイ市は酒の産地として知られる。シートー (石徳) 鉄道が通る。人口 382万 8144 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android