コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナツメ

2件 の用語解説(ナツメの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ナツメ

中国原産といわれるクロウメモドキ科の落葉小高木。庭などに植栽される。枝にはしばしばとげがある。葉は卵形,ややつやがあり,3主脈が目立ち,秋に小枝とともに落葉。6〜7月,葉腋に径約5mmの淡黄色の5弁花を密につける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナツメ
なつめ / 棗
[学]Zizyphus

クロウメモドキ科ナツメ属の一群で、温帯のヨーロッパ南東部から東アジアにかけて、また熱帯の南アジアに分布し、約40種がある。落葉または常緑の高木ないし低木で、果樹として数種が利用されている。温帯ではナツメZ. jujube Mill. var. inermis Rehd.がもっともよく利用され、地中海寄りの南西ヨーロッパおよび中央アジアから中国にかけ栽培される。とくに中国では3000年以上前から食用および薬用として栽培されてきた。日本への渡来は古く、『本草和名(ほんぞうわみょう)』(918)、『和名抄』(934)などに「奈都女」または「奈豆女」として記され、江戸時代までに広く普及したが、家庭果樹の域を出なかった。落葉性で高さ15メートル、枝に長い刺針がある。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)から卵状披針(ひしん)形で、長さ2~3センチメートル、細かい鋸歯(きょし)をもち、3本の主脈がある。花は淡黄色で小さく、4~5月に葉腋(ようえき)に2~3個が集まって開く。果実は9~10月に熟し、暗赤褐色で5~30グラム、長円または卵形で中に核が1個ある。果肉は白から淡黄褐色で甘酸っぱい。生食のほか乾果として料理や菓子に用いる。乾果を砂糖や蜂蜜(はちみつ)で煮て乾燥したものを蜜棗(みつそう)とよび、よく利用される。本種のほか、果実は小さいが核が大きいサネブトナツメZ. vulgaris Lam. var. spinosus Bumgeがある。
 また熱帯から亜熱帯ではネパール、インド、スリランカなどに自生しているインドナツメ(イヌナツメ)Z. mauritiana Lam.の利用が多い。常緑低木で、果実は橙(だいだい)色で楕円から円形、長さ2~4センチメートル、12月から翌年の2月に熟す。さわやかな酸味と甘さがあり、生食、甘煮など利用面は広い。[飯塚宗夫]

薬用

成熟した果実を漢方では大棗(たいそう)と称して健胃、強壮、増血、止血、鎮静剤として胃弱、消化不良、下痢、紫斑(しはん)病、ノイローゼなどの治療に用いる。そのまま乾燥した果実は果皮が紅色なので紅棗(こうそう)といい、蒸したあとで乾燥したものは果皮が黒色となり、柔らかくなるので黒棗(こくそう)、烏棗(うそう)という。中国では果実以外に葉、樹皮、根も薬用にする。サネブトナツメの核中の2個のレンズ状の種子を酸棗仁(さんそうにん)といい、漢方で鎮静、催眠剤として過労による不眠症、神経症の治療に用いる。インドナツメはその果実を中国では南棗(なんそう)といい、大棗と同様に用いるが、品質は劣るとされる。[長沢元夫]

文化史

ナツメは『万葉集』に2首(巻16.3830、3834)棗の名で取り上げられている。平安時代の『延喜式(えんぎしき)』には、干棗(ほしなつめ)を薬用や食用として、信濃(しなの)(長野県)、丹後(たんご)(京都府)、因幡(いなば)(鳥取県)、美作(みまさか)、備前(ともに岡山県)、阿波(あわ)(徳島県)から献上と載り、当時栽培が広まっていたことがわかる。また、『延喜式』には、正月上卯(じょうう)の日に供進された悪気払いの御杖(みづえ)(卯杖(うづえ))の一つにヒイラギ、ウメ、モモなどとともにナツメがある。ナツメやイヌナツメなどはインドでは古くから薬用にされ、『チャラカ本集』(2世紀ごろ)には下剤、発汗、強壮、催精などの処方箋(せん)が載る。仏典によると、釈迦(しゃか)はナイランジャナド川のほとりで断食苦行に入ったおり、初めは1日にナツメの実を1粒ずつ、のちに米を1粒ずつ、ついでゴマを1粒ずつとったあと断食したと伝わる。中国でも、栽培のもっとも古い果樹の一つで、『詩経』に果実の収穫期が、『礼記(らいき)』に材の堅さが書かれ、『史記』の「貨殖列伝」には、ナツメの1000本は1000戸の領主に匹敵すると出る。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナツメの関連キーワード梅擬熊柳黒梅擬玄圃梨蔓梅擬浜棗黒つ薔薇核太棗風鈴梅擬ログウッド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ナツメの関連情報