コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンダ N360

1件 の用語解説(ホンダ N360の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

ホンダ N360

CB450 2気筒エンジンベースに生まれたホンダ初の軽乗用車FF方式の採用により軽自動車として類の無い室内空間を確保。大人がゆったり乗れた。354cc 31PSのハイパワーエンジンにより高速道路も可能となった。この後の軽自動車のレイアウトに大きな影響を与えた。保管場所ホンダコレクションホール (〒321-3597 栃木県芳賀郡茂木町大字桧山 120-1 ツインリンクもてぎ内)
製作(製造)年1967
製作者(社)本田技研工業株式会社
資料の種類量産車
現状展示(動態)・公開
車名ホンダN360
会社名本田技研工業株式会社
製作開始年1967
車種・用途乗用車
実車所在/模型ホンダコレクションホール
スタイルセダン
ドア数2ドア
乗員4名
車両重量475
構造モノコック
バンパーあり
全長2995
全幅1295
全高1345
タイヤサイズ゙5.20-10
前軸マクファーソンストラット
後軸リジットリーフ
軸距2000
ステアリング丸ハンドル
ダンパーオイル
特徴軽枠で広い屋内
冷却/気筒配列空冷/2
弁機構SOHC
気化器1
内径x行程62.5×57.8
排気量354
点火系バッテリー
最高出力/回転数31ps/8500rpm;
排気浄化消音マフラー
燃料タンク容量26
特徴二輪エンジンをペースとした
ハイブリッドシステム形式なし
変速機4速+リバース
駆動方式FF
モード燃費-
その他事項前照灯:シールドビーム;ワイパー:あり;ワッシャー:あり;足ブレーキ:F.R.リーディングトレーリングドラム;手ブレーキ:リアードラム;最高速度:115;燃費率:28(40):加速性能:0→400m 22sec;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンダ N360の関連キーワード検索エンジンガスエンジン気筒エンジンオイルエアブリージングエンジン画像エンジンジオメトリーエンジンラジアルエンジンリアエンジンデッドエンジン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホンダ N360の関連情報