ペース(英語表記)pace

翻訳|pace

デジタル大辞泉 「ペース」の意味・読み・例文・類語

ペース(pace)

歩いたり、走ったり、泳いだりする速度スピード。「速いペース一周する」
仕事などの、進めかたの速度。また、その進みぐあい。進行度。テンポ。「ペースが乱れる」「マイペース
[類語]速さ速度スピードピッチテンポ速力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「ペース」の意味・読み・例文・類語

ペース

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] pace )
  2. 歩いたり走ったり泳いだりする速度。
    1. [初出の実例]「各馬一斉にペースを早めた」(出典:雪夫人絵図(1948‐50)〈舟橋聖一〉一)
  3. 仕事などの進みぐあいや毎日の生活リズム
    1. [初出の実例]「彼は病身だ。それ故、己れのペースをみだすことを極度に嫌ってゐる」(出典:華燭の日(1957)〈尾崎一雄〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内のペースの言及

【度量衡】より

…(4)人や家畜の能力による度 今度は(ニ)の系統の話であるが,一定時間内に進む道のりのたぐいのものがいくつも知られている。人間が歩くときの歩幅による単位(英米のペースpace=約76cm,ドイツのシュリットSchritt=71~75cm),同じく複歩による単位(古代中国の歩や古代ローマのパッススpassus=約148cm,後者の1000倍のミレ・パッスムmille passuumが,後のマイルにつながる)から始まって,スタディウムstadium(複数はスタディアstadia)やその倍量,あるいは1日に歩くことのできる距離(古代ゲルマンのラスタrasta),車で1日に移動できる距離(古代インドのヨジャーナyojana)その他,さまざまな例がある。ちなみに1スタディウム(ギリシア語ではスタディオン)とは,日の出の最初の光を認めた一瞬に歩き始めた人が,日輪の下縁が地平線を離れる一瞬までに進む距離を意味し,約180~200mと解されている。…

※「ペース」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android