コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンブルク帽 ホンブルクボウhomburg

翻訳|homburg

1件 の用語解説(ホンブルク帽の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

ホンブルク帽

ホンブルク(Homburg)▼ドイツ中西部の都市で、正式にはバート・ホンブルク・フォーア・デア・ヘーエと称する。ビースバーデン東北東二九km、タウヌス山地の南麓に位置し、鉱泉のある観光保養地として知られる。帽子製造業が発達し、狭いつばが両側でそり上がり、山の中央がくぼんだフェルト帽「ホンブルク帽」はこの地で最初に作られた。端正な身なりで知られた若き英国の政治家アントニー・イーデン(後のエイボン伯。一八九七~一九七七)がこの帽子を愛用したことから、「Anthony Eden」と呼ばれることもある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
とっさの日本語便利帳について | 情報

ホンブルク帽の関連キーワード中折帽帽子(ぼうし)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone