コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホンブルク帽 ホンブルクボウ homburg

翻訳|homburg

1件 の用語解説(ホンブルク帽の意味・用語解説を検索)

とっさの日本語便利帳の解説

ホンブルク帽

ホンブルク(Homburg)▼ドイツ中西部の都市で、正式にはバート・ホンブルク・フォーア・デア・ヘーエと称する。ビースバーデン東北東二九km、タウヌス山地の南麓に位置し、鉱泉のある観光保養地として知られる。帽子製造業が発達し、狭いつばが両側でそり上がり、山の中央がくぼんだフェルト帽「ホンブルク帽」はこの地で最初に作られた。端正な身なりで知られた若き英国の政治家アントニー・イーデン(後のエイボン伯。一八九七~一九七七)がこの帽子を愛用したことから、「Anthony Eden」と呼ばれることもある。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ホンブルク帽の関連キーワードアシャッフェンブルクブランデンブルクリンブルクルクセンブルクマールブルクマリエンブルクマリエンブルク城ヨハネスブルク城リンブルガーレーウェンブルク城

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone