コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーゼマン Hosemann, Theodor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーゼマン
Hosemann, Theodor

[生]1807
[没]1875
ドイツの画家。ジュッセルドルフの P.コルネリウスに学び,1828年以降ペン画のリトグラフ (石版画) による挿絵画家としてベルリンで活躍。主要作品は『ホフマン全集』 (1844) の挿絵。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ホーゼマンの関連キーワードジュッセルドルフ花文字

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android