コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーゼマン ホーゼマンHosemann, Theodor

1件 の用語解説(ホーゼマンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーゼマン
Hosemann, Theodor

[生]1807
[没]1875
ドイツの画家。ジュッセルドルフの P.コルネリウスに学び,1828年以降ペン画のリトグラフ (石版画) による挿絵画家としてベルリンで活躍。主要作品は『ホフマン全集』 (1844) の挿絵。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホーゼマンの関連キーワード輝緑岩並木五瓶(初代)レザーノフスティロライトラテライト株式会社休明光記中山績子九谷焼ポピュリスト党

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone