コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホーフ Hof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフ
Hof

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。フィヒテル山地の北東麓,ザーレ川沿いに位置し,チェコとの国境に近い。 13世紀初頭からの町で,1319年に都市権を獲得。ニュルンベルクからライプチヒドレスデンへの交通路にあたり,古くから商工業が栄えた。 1949~90年には,旧東ドイツとの国境関門都市として重要な機能を果した。繊維,機械,化学製品,陶磁器などの製造業が立地する。人口5万 2913 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホーフの関連キーワードモーツァルト:ピアノ協奏曲 第15番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)モーツァルト:ピアノ協奏曲 第16番 ニ長調/piano and orchestra(concerto)ウィレム エーントホーフェンフェルディナント テニエスアイントホーフェンの三角形ヴュルツブルクのレジデンツアイントホーフェンの公式アイントホーフェンの法則ツェツィリエンホーフ宮殿オングストロームスケールアイントホーフェンの式チェチリエンホーフ宮殿フラウンホーファー線フラウンホーファーエイントホーフェンオングストロームエイントーフェンカール ローマンフランケンワルトウィーン宮廷楽団

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android