ホーフ(英語表記)Hof

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホーフ
Hof

ドイツ南東部,バイエルン州の都市。フィヒテル山地の北東麓,ザーレ川沿いに位置し,チェコとの国境に近い。 13世紀初頭からの町で,1319年に都市権を獲得。ニュルンベルクからライプチヒドレスデンへの交通路にあたり,古くから商工業が栄えた。 1949~90年には,旧東ドイツとの国境関門都市として重要な機能を果した。繊維,機械,化学製品,陶磁器などの製造業が立地する。人口5万 2913 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android