コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホープウェル Hopewell

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ホープウェル
Hopewell

アメリカ合衆国,バージニア州東部の都市。ジェームズ川とアポマトックス川の合流点にある河港。 1913年に町がつくられ,26年に付近のシティポイントを合併した。南北戦争中の 1864年 U.グラント将軍の本営であった。 65年には A.リンカーンがここで将軍たちと会見。現在のおもな産業は化学,繊維,製紙などである。人口2万 3101 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ホープウェルの関連キーワードピーターズバーグアメリカ合衆国ベネット

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ホープウェルの関連情報