会見(読み)あいみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

会見
あいみ

鳥取県西部,米子平野の南部にある地域。旧町名。 1955年賀野村と手間村が合体して町制。 2004年 10月に西伯町と合併し南部町となった。中心集落の天万 (てま) は江戸時代出雲街道宿場町として発展。付近には多くの古墳群や条里制遺構があり,古くから出雲文化につながりをもつ。天万の大安寺には重要文化財三角縁神獣鏡がある。米,タバコ,二十世紀梨などを産するほか,和牛飼育も行なわれる。米子市への通勤者も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かい‐けん〔クワイ‐〕【会見】

[名](スル)改まった形で人に会うこと。公式な場合に用いられる。「二か国首脳が会見する」「記者会見

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいけん【会見】

( 名 ) スル
特定の場所で公式に人と会うこと。 「記者-」 「両国の代表が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

会見
あいみ

鳥取県西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(会見町(ちょう))。現在は南部(なんぶ)町の東北部。旧会見町は1955年(昭和30)幡郷(はたさと)村の一部を編入した手間(てま)村と賀野(がの)村の2村が合併し、旧郡名を町名として町制施行。2004年(平成16)西伯町と合併して南部町となる。旧町域は古代信仰を語る御内谷(みうちだに)の巨石群や古墳群、条里制遺構などがあり、法勝寺(ほっしょうじ)川流域の古代文化中心地。中心の天萬(てんまん)は出雲(いずも)へ通じる古山陰道に沿い、近世も宿駅。手間山は大国主命(おおくにぬしのみこと)が兄神らに欺かれて、山上から落下する焼け石を抱いて死んだという『古事記』神話伝承地。県指定文化財の金田瓦窯跡(かねだがようせき)は、長さ10メートル、幅、高さとも1メートルで、奈良時代の登窯(のぼりがま)の様式を残す。おもな農作物は米、カキ、ナシなどで、肉用牛を中心とする畜産も行われている。[岩永 實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

会見の関連情報